本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第8巻1号Health science research vol:8 No1

総説 Review article 

時間栄養学と健康

加藤秀夫 田中夏海 齋藤望 前田朝美 今村麻里子 妹尾良子 出口佳奈絵 西田由香

誌名:保健科学研究 第8巻1号 pp1-7
公開日:2017/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:総説
キーワード:口から食べることの大切さ,血中副腎皮質ホルモンリズム,明暗周期と摂食パターン
本文:PDF(0.5MB) FREE

要旨
からだのリズムは,ホメオスタシスと異なった調節機構で健康づくりと生活習慣病の予防において重要な生理的役割を果たしている。まず,からだのリズムと摂食行動との関連を明らかにするために血中副腎皮質ホルモンのリズム形成を調べた。その結果,ホルモンのリズム形成に,口から食べることの大切さと消化管の役割を明確にした。また,血中副腎皮質ホルモンの日内リズムには,明暗周期よりも摂食時刻が重要であることを示唆した。活動と明暗の周期性に体温のリズムが深く関与していることも明らかにした。1 日3 食の食事摂取のタイミングと健康効果を時間栄養学の観点から考察した。健康と競技力向上を目的にしたスポーツ・運動と食事の組み合わせについても検討した。最後に,食塩制限の効果的な摂食時刻を明らかにし,適塩の重要性を浮き彫りにした。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912