本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第8巻1号Health science research vol:8 No1

報告 Report 

高齢者への聞き書きを通して看護学生が学んだこと

駒谷なつみ 大津美香 木浪麻里 佐藤智子 山田基矢 米内山千賀子 北嶋結 木立るり子

誌名:保健科学研究 第8巻1号 pp33-40
公開日:2017/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:報告
キーワード:聞き書き,高齢者,看護学生,実習
本文:PDF(0.4MB) FREE

要旨
本研究の目的は,高齢者への聞き書きによるインタビューの実施によって看護学生にどのような学びが得られるのかを明らかにすることである.老年看護学実習Tを履修した看護学専攻2 年次学生19 名を対象とし,4 グループに分けグループインタビューを行った.全体を通して,看護学生が高齢者への聞き書きを通して学んだことで最も多かったのは,【コミュニケーション技術】であった.高齢者の生活歴を通して,自分たちの生きている時代背景と比較して,学生自身も生活歴を振り返るきっかけとなっていた.老年期の人生を振り返る意義については発達課題と関連した学びが得られていた.また,生活自立度の高い高齢者に直接インタビューを行うことにより,高齢者の様々な側面をプラスに捉える機会となっていた.さらに,学生には高齢者に対する気遣いや思いやりの気持ちも生まれ,聞き書きを通して高齢者理解のための実習目標以外に副次的な効果も得られた.

Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912