本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第8巻2号Health science research vol:8 No2

原著論文 Original article 

弘前地区における下痢症患者由来 Campylobacter の分離状況

佐藤瑠海 佐藤拓弥 藤岡美幸

誌名:保健科学研究 第8巻2号 pp1-5
公開日:2018/03/31
Online ISSN:1884 6165
論文種別:原著
キーワード:細菌性食中毒,Campylobacter腸炎,Campylobacter jejuniCampylobacter coli,薬剤耐性
本文:PDF(0.8MB) FREE

要旨
Campylobacterは世界中で流行している細菌性食中毒起因菌である。本研究では2016年4月から2017年3月の期間に,青森県弘前地区の医療検査機関で分離された腸炎由来Campylobacter 230株について,検出状況と薬剤耐性を調査した。薬剤感受性試験ではオフロキサシン (OFLX),シプロフロキサシン (CPFX),エリスロマイシン (EM),ホスホマイシン (FOM),テトラサイクリン (TC)の5薬剤を用いた。種別の結果,230株中C. jejuniが200株 (87.0%),C. coliが28株 (12.2%),C. lariが2株 (0.9%)検出された。1年を通した月別の検出状況では,総数は6 月から9月にかけて多く,菌種別ではC. jejuniは7,9月,C. coliは2月に最も多く検出された。薬剤耐性において,OFLX,CPFX,EM,TCにおいてC. jejuniよりC. coliの耐性率が高いことが示された。FOMにおいてはC. jejuniで耐性が200株中2株 (1.0%),C. coliでは28株すべてが感受性であった。また1剤以上の耐性率はC. jejuniが200株中58株 (29.0%),C. coliが28株中15株 (53.6%)とC. jejuniと比較してC. coliの耐性率が高いことがわかった。

Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912