本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第10巻1号Health science research vol:10 No1

原著論文 Original article 

ボランティア学生の「聞き書き」が回復期病棟の認知機能の低下した
高齢者の心身機能面に与える影響

工藤悠生 大津美香 工藤晶子 田郁子 田中文野 次木ちさと 三戸貴恵 奈良岡智子 兼平正和 高橋詩子

誌名:保健科学研究 第10巻1号 pp9-18
公開日:2019/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:原著
キーワード:聞き書き,認知症,ボランティア,看護学生
本文:PDF(1.4MB) FREE

要旨
本研究の目的はボランティア学生が「聞き書き」を行い,作成した冊子を活用することによって認知機能が低下した入院患者の心身機能面に与える影響を明らかにすることであった。聞き書きは週1回30分全2回,個別に行った。その後1週間後に,作成した聞き書き冊子を用いた回想を週1回30分全2回,個別に行った。「聞き書き」の実施と冊子の活用により,介入群では唾液中のαアミラーゼ活性値は有意に低下し (p<0.05),ストレスを軽減させ,心理機能・感情面において効果が認められたと考えられた。一方,DBDスケールやQOLの得点に変化はみられなかった。HDS-R得点は対照群のみ有意に上昇し (p<0.05),介入群よりも認知症の診断を受けて,抗認知症薬を服用していた者が多かったことが関連していると考えられた。認知機能の改善に向けては,長期的な介入が必要であると考えられた。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912