本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第10巻2号Health science research vol:10 No2

報告 Report 

地方における保健医療技術職へ外国人就労者が増大した際の医療環境変化の考察〜多民族国家スウェーデンを参考に〜

門前暁 森野友貴 千葉満 Wojcik Andrzej

誌名:保健科学研究 第10巻2号 pp35-40
公開日:2020/03/31
Online ISSN:1884 6165
論文種別:報告
キーワード:労働力不足,スウェーデン, 保健医療技術職
本文:PDF(0.7MB) FREE

要旨
現在国内では、労働力を国外から確保することで労働力不足を補い経済成長と様々なサービスを持続させる対策に関心が高まっている。一方で、異なる文化や慣習をもつ外国籍人口の急激な増加は様々な問題が発生するという懸念がなされており、保健医療分野においても例外ではない。そこで本研究では、多民族国家へとなり、更に現在でも経済成長及び人口増加をし続ける欧州スウェーデン王国において、特に保健医療分野での外国人が資格取得するためのシステムに焦点をあて現地調査を行い、我が国の外国人労働者の増大によって及ぼす保健医療技術職への変化、とりわけ地方に対して考察した。スウェーデン王国における医療系資格は、移住者の母国との資格とを互換させる制度をもち、移住者の母国の国籍を維持しながら活躍できる環境を有していた。また、当国の資格互換認定にあたり母国語を重要視しており、そのサポート体制も有する。本調査結果から、保健医療技術職に対する働きやすさは、現況の日本国内よりフレキシブルであることが明らかとなった。また、今後日本国内での保健医療技術職分野へ労働力の補充が必要となった際、地方にみられる日本特有の文化・慣習を保護しながら、長期的な視点で日本の地方、都市部それぞれの特徴を把握した就労体制を検証し続ける必要性が示唆された。

Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912