本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第10巻2号Health science research vol:10 No2

報告 Report 

中学生陸上選手の栄養教育実施前後の食事摂取状況と体組成の変化

宮地博子 尾田敦 石川大瑛

誌名:保健科学研究 第10巻2号 pp41-49
公開日:2020/03/31
Online ISSN:1884 6165
論文種別:報告
キーワード:スポーツ,栄養,中学生,陸上競技
本文:PDF(0.8MB) FREE

要旨
中学生陸上競技選手48名を対象とした食事摂取状況調査及び身体組成計測結果から,栄養管理上の問題点を明確にし,効果的な栄養サポートを実施するための基礎資料を得ることを目的とした.方法は,競技シーズンオフ時(第1期調査)とシーズンイン時(第2期調査)に自記式の食事摂取状況調査及び体組成計測を実施し調査期間で比較した.また第1期調査時のみ栄養教育も行った.その結果,意識して摂取している栄養では,男子選手のタンパク質が有意に増加,カルシウムが有意に減少した(p<0.05).体組成では短距離選手では男子選手と女子選手のどちらも身長,タンパク質量,筋肉量,骨格筋量,除脂肪量が有意に増加,肥満度は有意に減少した(p<0.05).短期間での体組成結果の向上など,基礎資料としてのデータを収集できた.今後は選手や保護者に対する調査と栄養教育の検討が必要であり,選手に対する栄養学的なアプローチについても,継続的な研究が必要である.

Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912