本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第11巻1号Health science research vol:11 No1

原著論文 Original article 

Escherichia albertiiにおける培養温度の検討

藤岡美幸 吉岡翔 野坂大喜

誌名:保健科学研究 第11巻1号 pp1-5
公開日:2020/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:原著
キーワード:Escherichia albertii,食中毒原因菌,誤同定,培養温度
本文:PDF(0.7MB) FREE

要旨
新興病原体であるEscherichia albertiiは1998年にバングラデシュの下痢症患者から分離され,現在わが国でも食中毒の原因菌として知られている。E. albertiiの生化学的性状はE. coliに類似しており,臨床検査機関では誤同定されている可能性がある。そこで本研究ではE. albertiiをはじめ,E. coliKlebsiella pneumoniaeCitrobacter freundii の4種類の腸内細菌の混合液を作製し,使用培地や培養温度別にE. albertiiの検出を検討した。その結果,E. coliの選択培地であるECブロス44.5℃で選択培養したEMB寒天培地上ではE. albertiiを検出できなかったが,37~42℃ではE. albertii濃度が高い混合菌液での検出を認めた。一方でBTB寒天培地での発育はいずれの条件でもE. albertiiの検出は可能であったが,BTB寒天培地の通常の培養温度である37℃が最も有効であった。E. coli検出には高温下での選択培養が行われるが,他菌種のみならず一部のE. coliの発育も抑制することから,E. albertiiの分離には37~42℃での選択増菌後にBTB寒天培地等を用い,E. albertiiの特徴である乳糖非分解集落を標的にすることが有効である。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912