本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第11巻1号Health science research vol:11 No1

原著論文 Original article 

各種液体培養法における下痢原性大腸菌関連遺伝子の検出状況

藤岡美幸 林稜太 月足正辰 吉岡翔 松下紬 阿部翼 野坂大喜

誌名:保健科学研究 第11巻1号 pp7-11
公開日:2020/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:原著
キーワード:下痢原性大腸菌,遺伝子検索,液体培養,培養温度
本文:PDF(0.5MB) FREE

要旨
ヒトや動物の腸管に常在する大腸菌は通常病原性はないとされるが,特にヒトに下痢症を引き起こす大腸菌は下痢原性大腸菌(DEC)と呼ばれる.DECはその病原機序から5種類に大別され,各病原因子の遺伝子も明らかである.本研究では糞便系大腸菌を選択的に培養する液体培地を用いて,温度等の培養条件別にDEC関連遺伝子の検出状況を調査した。対象とした全218検体からeae 1株,aggR 2株,astA 20株,aggRastA 1株が検出された。通常のECブロスの培養温度44.5℃ではいずれの遺伝子も検出状況が悪く,ECブロスおよびHIブイヨンいずれも40℃培養での検出が良好であった。本研究により,糞便検体を平板培地に塗抹・培養することなく,液体培地を用いることでDEC関連遺伝子の迅速検出が可能となり,また培養温度を40℃にすることで,より多くのDEC関連遺伝子の検出が可能となった。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912