本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第11巻2号Health science research vol:11 No2

原著論文 Original article 

各種培養法における大腸菌発育温度の検討

吉岡翔 工藤美里 吉田千賀雄 月足正辰 藤岡美幸

誌名:保健科学研究 第11巻2号 pp1-4
公開日:2021/03/31
Online ISSN:1884 6165
論文種別:原著
キーワード:大腸菌,ECブロス,培養温度,EMB寒天培地
本文:PDF(0.4MB) FREE

要旨
大腸菌はヒト・動物の腸管常在菌であるとともに,ヒト感染症原因菌でもある。大腸菌を選択的に分離する検出法として,ECブロスとEMB寒天培地を用いる方法が知られている。この方法ではECブロスは44.5℃の高温培養を行うため,発育できない大腸菌も考えられ,本研究ではECブロスを44.5℃,40℃,およびHIブイヨン前培養後40℃培養の3つの方法で培養し,培養温度・方法の違いによる大腸菌検出状況を調査した。その結果,大腸菌検出数はECブロスにおいて,44.5℃培養より40℃培養で多かった。このことから,44.5℃の高温培養では一部の大腸菌の発育が抑制され,この培養温度は大腸菌の選択に必ずしも適切ではないことが考えられた。今回,大腸菌検出数が増加することを想定し,HIブイヨンによる前培養を追加したが,ECブロス40℃培養と大腸菌の検出数に大きな差を認めなかった。この要因として,HIブイヨンでは大腸菌以外の細菌が優位に発育する可能性が考えられ,適切な分離培養法を慎重に選択する必要がある。EMB寒天培地では典型的大腸菌は分離可能であるが,乳糖非分解の非典型大腸菌は見逃される可能性があり,今後は培養温度とともに,より見逃しの少ない大腸菌分離法を検討していく必要がある。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912