本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第13巻1号Health science research vol:13 No1

原著論文 Original article 

急性期病院入院脳梗塞患者における意識障害の程度とリハビリテーションの実施状況を考慮した自宅退院関連因子の検討

松本幸樹 加藤拓彦 澄川幸志 田中真

誌名:保健科学研究 第13巻1号 pp1-8
公開日:2022/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:原著
キーワード:脳卒中,急性期,意識障害,リハビリテーション,予後予測
本文:PDF(0.6MB) FREE

要旨
【目的】脳卒中患者における急性期病院退院時の自宅退院関連因子を,意識障害の程度とリハビリテーション(リハ)の実施状況を考慮し検討する。【方法】対象は急性期脳卒中患者134名とした。調査項目は25項目とした。転帰先の予測因子を検討するために,転帰先を従属変数とした多重ロジスティック回帰分析を実施し,選択された項目についてReceiver Operating Characteristic(ROC)曲線を用い,カットオフ値を算出した。【結果】Japan Coma Scale(JCS)2桁以上の患者は93.7%(15/16)が転院していた。JCS1桁以下の患者における転帰先関連因子とカットオフ値は,National Institute of Health Stroke Scale(NIHSS) 3.5点,Instrumental Activities of Daily Living (IADL)練習実施の有無であった。【結論】急性期病院退院時の転帰先は,入院時JCS2桁以上の患者は転院が高確率であることを考慮し,JCS1桁以下の患者は,入院時NIHSSのカットオフ値から判断することが有用である可能性が示唆された。また,IADL練習を積極的に実施することで,転帰先の改善に寄与する可能性が示唆された。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912