本文へスキップ

青森県の地域医療・福祉の発展に貢献する。

お問い合わせはTEL.0172-39-5905

〒036-8564 青森県弘前市本町66−1

保健科学研究第13巻1号Health science research vol:13 No1

報告 Report 

青森県の二次救急医療施設における看護師と救命士の傷病者搬入時の連携の認識

山崎千鶴 藤田あけみ

誌名:保健科学研究 第13巻1号 pp17-27
公開日:2022/09/30
Online ISSN:1884 6165
論文種別:報告
キーワード:二次救急医療施設,連携の認識,質的分析,看護師,救命士
本文:PDF(0.8MB) FREE

要旨
本研究の目的は、青森県二次救急医療施設の救急外来看護師(以下、看護師とする)と救急救命士(以下、救命士とする)間の傷病者搬入時の連携の認識を明らかにすることである。看護師と救命士を対象に傷病者搬入時における連携の現状について面接調査を行い、質的に分析した。結果、看護師と救命士の共通した認識は、【通報の標準化が必要】【合同の検証会・勉強会が必要】【顔の見える関係が必要】【病院前救急活動の理解が必要】【意見交換の機会が必要】【人材育成が必要】であり、両者は、円滑な連携構築のために情報共有の必要性を強く認識していた。救命士のみに認められた認識は【医療施設との関係性の構築が必要】【コミュニケーションが必要】であり、救命士は関係性の構築の必要性を強く感じていた。


Health Sciences Research保健科学研究会

〒036-8564
青森県弘前市本町66−1
TEL 0172-39-5905
FAX 0172-39-5912