保健科学研究会

ようこそ、保健科学研究会のホームページへ。


第10回保健科学研究発表会 優秀演題賞
先日行われた第10回保健科学研究発表会において、審査の結果弘前大学医学部保健学科検査技術科学専攻の大湯彩乃さんの発表演題「青森県津軽地域におけるダニ媒介性感染症のサーベイランス」が優秀演題賞に選定されました。大湯さんには表彰状と記念品が授与...
研究発表会開催のお知らせ
第11回保健科学研究発表会 は2024年秋に開催予定となっております。詳細が決まり次第このページに掲載いたします。(こちら) 開催担当校は弘前学院大学です。

機関誌「保健科学研究」第14巻2号の発刊について
本研究会オフィシャル雑誌 保健科学研究第14巻2号(2024年3月30日発刊)を掲載いたしました。
機関誌「保健科学研究」第13巻2号の発刊について  
本研究会オフィシャル雑誌 保健科学研究第13巻2号(2023年3月30日発刊)を掲載いたしました。

雑誌『保健科学研究』について
雑誌『保健科学研究』では論文投稿受付を随時行っております。発刊は年2回(9月末日、3月末日)です。

青森県はがんや心臓病、生活習慣病の罹患者が多く、平均寿命が全国で一番短い短命県です。

青森県ではこのような状況を受け、短命県返上に向け、保健医療福祉環境の改善、食生活の改善、健康教育の開催など、様々な取り組みを開始致しました。

本研究会はこれまで地域の研究者らが単独あるいは個々の大学において取り組んできたライフ分野での取り組みについて、地域一体となって連携して取り組むため、青森県内において保健・医療・福祉・栄養などライフ分野の研究・教育を担う4大学(柴田学園大学・同短期大学部、弘前医療福祉大学、弘前学院大学、弘前大学大学院保健学研究科)が主体となって設立したものです。


当研究会の理念
当研究会の理念は以下の5つです

  1. 青森県の医療・福祉・栄養など健康関連分野における分野横断的研究を促進する
  2. 青森県の医療・福祉・栄養など健康関連分野に従事するスタッフ間における多職種間連携を促進する
  3. 青森県におけるライフイノベーションの発展に寄与する
  4. 僻地医療など青森県及び周辺地域の医療・福祉・栄養課題の解決に対して寄与する
  5. 青森県の医療・福祉産業および健康関連産業の発展に寄与する